【ネタバレ】ちはやふる-結び-映画完結編レビュー!全国大会そして三角関係の結末は?!

こんにちは!まさよんです♪

2018/3/17(土)から公開中の映画「ちはやふる-結び-」を観てきました!

映画完結編と銘打ってましたので、ずっと気になってたんです♪( ´▽`)

漫画は未読、アニメは未視聴、映画版だけを観てきた民です!

同じようなシチュエーションで、ネタバレOKな方はこの先も読んで頂けますと幸いです♪

映画ちはやふるとは?

2016年3〜4月に「ちはやふる-上の句」と「ちはやふる-下の句-」の2部作品として公開されました!

BE・LOVE連載中のかるた漫画が原作です!

かるた=百人一首です。

主人公千早役に広瀬すずさん。

幼なじみ&同じかるた部の太一役に野村周平さん。

幼なじみ&天才新(あらた)役に真剣佑さん。

今をときめく俳優陣に固められた人気漫画の映画化に当時はとても話題になりました!

これだけでもすごいキャッチーなのに、ストーリーがとても面白いんです☆

熱い話から泣ける話まで、2部構成ということで内容が濃く描かれてました。

私のような原作、アニメ見てない人でも楽しめるんです!

それもやっばり広瀬すずちゃんの可愛さと美しさですよね!

画面を通して伝わってくる顔面の強さ(笑)

みんなときめくと思います(^-^)

ちなみに、ちはやふる-上の句-、-下の句-はfuluで無料鑑賞できます!

気になった方は是非こちらから♪
http://masayonyon.com/entame/hulu/

総合評価

★★★★☆(星4つ)です!

出演者、演出、ストーリー共に素晴らしいのですが、少し駆け足です。

前作同様、2部構成にしていれば各キャラクターの持ち味がもっと出るのに惜しいです。

また高校最後の全国大会団体戦にフォーカスを当てていますが、千早の個人戦も観たかった…

その辺は原作で補完するイメージですかね?

映画から入って、原作を誘導する導線は上手いと思いました(笑)

終わり方を見る限り、いくらでも続きを作れる感じ♪

でも公式は完結編とおっしゃっているので、残念ですが今回で見納め!

そんなちはやふるのあらすじを抜粋してご紹介します!

結末

はい!

初めに結末お話しします(笑)

高校三年生の全国大会に出場した千早達ですが、太一不在で毎試合苦戦を強いられますが、決勝戦に電撃参戦した太一の活躍により優勝!

恋の結末はあやふや…

新の告白には上手いことスルーした感じです!

太一は相変わらず想いを伝えられず。

千早の進路は学校の先生です!

学校でかるた部の顧問をやるのが夢になったようです♪

簡単に説明するとこんな感じです!

それでは細かいあらすじスタート!

あらすじ

高校二年生

前作では高校一年生の全国大会戦、幼なじみの新の復活劇がメインでした!

今作は高校三年生の全国大会と三角関係の決着がメイン!

始まりは千早高校二年生のクイーン戦。

クイーン戦で戦うのは勿論、千早と現クイーンの若宮詩暢さん。

…ではなく、現クイーンの若宮詩暢さんと準クイーンの我妻伊織さんのクイーン決定戦!!

ん…?!ってなりました(笑)

原作未読のため何故この二人が争ってるのかまず分かりません。

そもそも我妻伊織さんとは?

こりゃ置いてけぼり展開かと思いきや、

「準クイーンの我妻伊織さんに敗れた千早さんがかるたガール(?)として見守っております」

とご丁寧に説明がありました( ̄∀ ̄)

どうやら、千早は個人戦に出場して我妻さんに敗れた模様。

なるほど。そこをもっと観たかった(笑)

千早が二年生の頃のお話はここで終わり。

原作ではかなり濃密に書かれている部分とのことなので、原作で補完するしかありません。

その後、舞台は高校三年生に移ります。

若宮詩暢さん役の松岡茉優さん

我妻伊織さん役の清原果耶さん

高校三年生①新入部員

新一年生獲得に躍起になるかるた部。

去年の春は千早の暴走(やりすぎ)により新入部員は0人。

今年こそは!と躍起になる千早が提案したのはかるたの模擬戦。

新入部員の前で模擬戦を楽しそうにやることで、入部の敷居を低くする狙いです。

でもかるた経験者の一年生、筑波の登場に模擬戦にも関わらず本気を出してしまい、結局新入部員は筑波だけに(;_;)

この辺は運動部ものに多い、お決まりの展開ですね(笑)

新入部員は筑波だけと思いきや、太一に想いを寄せる花野も入部することに!

最終的に新入部員は筑波と花野の2人になりました!

それでも三年生がいなくなったら廃部の危機なんですけどね…

※部の存続には部員5名以上必要。筑波と花野以外全員三年生なので、卒業したら2名になります。

この辺りから千早も進路を悩み始めます。

新入部員や周りの進路を見て焦り始めますが、クイーンになることを目標にしてるので、進路を真面目には考えられず…

この後の大会を通して、千早の中で進路が定まって行きます。
※進路に対する心の葛藤はそこまで描かれていません。

筑波秋博役の佐野勇斗さん

花野菫役の優希美青さん

高校三年生②地方大会

その後は新入部員と現部員の距離感を埋める話が続きます。

新入部員の2人が部活動に慣れ始めた時、事件が起きます。

と言っても事件を起こすのは新入部員の花野。

彼女が太一に「新って人が千早さんに告白したらしいです!」と恋仲を乱す発言をします。

千早のことが大好きな太一は心乱しますが、表には出さず…

花野的には失恋した太一を奪う気満々だったと思いますが失敗に終わります。

太一は医学部受験を控えていたことと、千早とのことを悩み、部を辞めることになります。

千早がその事実に気付くのは、地方大会の場でした。

太一がいないことに落胆しつつも、皆の力を合わせて全国大会を決めます。

太一はキャプテン、かつ実力者ですからね。

彼がいない中でも全国大会を決めちゃう皆の強さ!!

前作では危ういメンバーが多かったのに心強くなりましたね。

地方大会の帰り道、偶然千早と太一は出会います。

突然いなくなった太一に対して、激怒する千早。

このシーンは切なくなりました…

でも切れてしまった絆はすぐには戻りません。

そのまま2人は別々の道を進むことに…

高校三年生③全国大会(太一編)

千早達が全国大会に進む中、太一は医学部の受験勉強に躍起になっていました。

その頃、名人の周防久志さんに偶然出会います。

周防さん役は賀来賢人さん!

この人めちゃくちゃ格好良いですね!

味があってとても好感持てました!

…話は逸れましたが(笑)

周防さんは生まれつき目が悪いのですか、五感が鋭いようです。

特に耳。

なので、かるたが詠まれる前の息遣いで、何が詠まれるか判別できる能力の持ち主。

これ最強です…

人間技じゃないので、名人戦(名人を決める大会)で何連覇もしている設定。

そんな彼と出会った太一は紆余曲折の末、彼の弟子になります。

かるたの勉強と医学部受験の両方を面倒見てもらえるのでかなり割りが良い案件です(笑)

周防さんの下で着々と強くなる太一。

受験のためにやめたかるたですが、やはり諦められなかったんですね。

そんな中、全国大会の日を迎えます。

周防さんのナイスアシストにより、その日は全国大会のある近江神宮付近で出張講義を開催することに。

※太一緊急参戦フラグです!

高校三年生④全国大会(千早編)

全国大会に参加した千早達。

太一がいなくても連戦連勝(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

しかも新入部員に試合を経験させる余裕もあるときました!

太一くんの存在とは一体…

そんな中、ライバルの新も順調に勝ち進んでいきます。

新のチームには準クイーンの我妻伊織さんもいます。

やっとここで我妻伊織の存在意義が出てきました!

このための伏線として、高校二年生時のクイーン戦を流してたみたいです。

我妻伊織さんは新のことを慕ってる女の子です。

我妻と新のやり取りはとても面白くて、重くなりがちな話の緩衝材になってました。

そんな新率いる高校と千早の高校との一騎打ちは決勝戦で実現することになります!

高校三年生⑤全国大会(決勝戦)

遂に迎えた決勝戦。

太一不在の中、苦戦?しつつも決勝に進む千早チーム。

太一居なくても何とかなるな…と思ってる中、千早チームの大江奏さんが指の怪我をします。

怪我を押して試合に出ようとしたところに、待ったをかけたのは…

そう太一です!

遂に太一登場です!!!

周防さんに発破をかけられてやっと試合会場に!!

太一さん待ってました!!!

太一の相手は幼なじみの新。

うん!盛り上がる展開\(//∇//)\

千早、太一、新の夢はみんなでもう一度かるたをやること。

ついに小さい頃からの夢が叶った瞬間です。

周防さんの下で強くなった太一さんは天才の新に負けず劣らずの活躍!

でも最後の最後に「運命戦」を迎えます。

◆運命戦とは?

自陣・相手陣ともに最後の1枚になった試合のこと。
通常は自分から近い自陣を狙うことがセオリーであり、先に自陣にある札が詠まれた方が有利であることから運命戦と呼ばれる。

この運命戦で勝率0%を誇る太一くん。

ラスト1枚を争うので、普通は勝率50%ですが、何とも運が悪い…

それでも自分を信じて選んだ最後の一句。

それが…最後の最後で詠まれます!

これにより今までのジンクスを破り優勝を決めた千早達!

創部3年目で優勝しちゃうなんて優秀すぎる(笑)

でも原作では2年目で優勝するとかしないとか…

大江奏役の上白石萌音さん

高校三年生⑥全国大会後

優勝して大円団!

というわけでなく、やはり気になるのは恋の行方と千早の進路です。

新の告白をずっと保留にしていた千早ですが、やっと回答をします。

「今はかるたのことしか考えられない」

よくある保留パターンです(笑)

3人仲良く終わらせる一番良いパターンですかね?

そして千早の悩みのタネの進路ですが、学校の先生になることに決めたようです。

それは最後の最後に千早がかるた部の講師になっている姿から推測されます。

心の葛藤がもう少し描かれていたら面白かったのですが、やはり全国大会メインなので、その他のストーリーが置き去りに。。

本当に勿体ない。

でも全体的には面白い話なので見る価値ありです!

駆け抜けて説明しましたが、あらすじはこんな感じです♪

もし気になる方は是非映画館に!

それでは今日はこの辺で♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする